Advertisements

マザボのCPUソケットやCPUピンにグリスが付いた時は「エレクトロニッククリーナー」でなんとかする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Advertisements

Contents

Advertisements

久々にPCを組み立てたのですが、そのときにグリスを盛りすぎで外から大量にはみ出してしまう。
更にはソケット部に入り込んでPCが立ち上がらない…

そんなときにKUREの「エレクトロニッククリーナー」を使ってグリスを除去して無事に起動できました!

エレクトロニッククリーナーとは?

KUREこと呉工業の製品です。錆を取ったりする潤滑剤スプレーのKURE 5-56で有名なアレです。

エレクトロニッククリーナーは、 速乾性洗浄剤です。
精密機械類だったり電気系統に使うのですが、主に車などに良く使われる為にカー用品売り場なんかに売ってます。

揮発性の高いアルコール(石油系)を主成分としており、汚れを浮かして綺麗にします。

類似製品にKUREの「コンタクトスプレー」があります。こちらも同じく発揮性の高いアルコールが主成分ですが、酸化皮膜を浮かせたり、接点復活や保護をする役割があります。

グリスを除去しました

盛りすぎた この時点では盛りすぎであると気にしないでCPUクーラーをつけてしまった
中まで入り込んでしまった
CPUのピン側にも入り込む。
無水エタノールと綿棒と爪楊枝で綺麗にしようと試みるもうまくいかず。

かなり酷い状態でしたが、ここからエレクトロニッククリーナーを多めに吹きかけてグリスを除去しました。

※焦ってた所為で除去後の写真を撮っていません。ごめんなさい。

スプレーをかけるときはしっかりと換気のできる環境にしましょう。
発揮性スプレーの為、密室で使用すると大変危険です。

また、下に新聞紙などを引いてから実施してください。

①汚れている箇所にスプレーを噴射
②噴射するとグリスごと液体が流れます。グレー色の液体が流れると思います。
③軽くフロス等でふき取り、感想させます。
※速乾性なのですぐに乾くのですが、多めにスプレーした場合は少し時間がかかります。

この手順を三回くらい実施してようやく動いてくれました。

無事にUFEIを拝めました!

こういうときの為に、予備に一本持っておくと安心できます。
まあ、次からはCPUグリスをミスらないように使えって話ですが。

ありがとうエレクトロニッククリーナー!ありがとうKURE!
Advertisements
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

人気記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Advertisements